空母 Lv2 倒し方レポート

管理人が資源稼ぎとして行っている、空母 Lv2の倒し方をレポートします。資源獲得用の艦としていつも使っている双胴戦艦上総での出撃が前提ですので、お使いの艦によって状況が異なると思われます。
【戦力・行動分析】

空母 Lv2 倒し方レポート
スタート時は中央の相対距離20km辺りに空母信濃、それを護衛する様に右翼と左翼に酸素魚雷を搭載した戦艦スコーピオン改がそれぞれ相対距離17km辺りに配置されています。

こちらが直進して行くと、だいたい相対距離10km辺りで、敵左翼のスコーピオン②が向かって右に転舵をはじめ、しばらく進んだ後停止します。右翼のスコーピオン①は少し遅れて相対距離9km辺りで向かって左に転舵をはじめ、しばらく進んだ後停止します。スコーピオン①に関しては、稀にそのまま直進してくる場合や、スコーピオン②同様向かって右に転舵する場合もある様です。空母信濃は、相対距離5km辺りになると向かって左に軽く転舵します。

敵艦隊はやや向かって左方向に斜めに進んで来ている様です。

【第一段階】

空母 Lv2 倒し方レポート
第一目標空母!第二目標空母!第三目標空母!…と行きたいところですが、相対距離20kmでは信濃はしばらく射程外。ただ待っているのも何なので、護衛のスコーピオン改から潰して行く事にします。

最初の目標は敵右翼のスコーピオン改①。やや斜めに進んでいる様なので、右舷下側から少し離れた位置まで何度かタップします。(右図では解り辛いかもしれませんが、ポンポンポンとタップしていくイメージです。)

スコーピオン改①への攻撃はとりあえずここまで。損害を与えられればラッキー。上手くすれば撃沈できる場合もあります。

【第二段階】

空母 Lv2 倒し方レポート
スコーピオン改①に一撃を加えたら、すぐに左翼のスコーピオン改②を攻撃。

こちらもやや斜めに進んでいる様なので、左舷下側辺りを狙って攻撃を加えます。相対距離10kmまでに撃沈できないと、前述の通り向かって右に転舵をはじめるのですが、その後は相対速度が増して速くなりますので、スコーピオン改②進行方向の少し離れた位置(未来位置)を狙って砲撃を加えます。

それでも当たらない場合は、しばらくすると停止するので、そこを狙って撃沈します。

【第三段階】

スコーピオン改②を転舵するあたりまでに撃沈できれば、スコーピオン改②より少し遅れて転舵するスコーピオン改①の転舵前に照準が付けられるので、転舵で速度が落ちる時を狙って撃沈します。転舵してしまうと、相対速度が増して速くなりますので、スコーピオン改②同様未来位置を狙って砲撃を加えます。当たらない場合は、しばらくして停止したところを狙って撃沈します。

【第一段階】で運良くスコーピオン改①を撃沈できた場合は、ここを飛ばして【最終段階】へ進みます。

【最終段階】

空母 Lv2 倒し方レポート
護衛のスコーピオン改がサクサク撃沈できると、丁度信濃を砲撃するのに良い距離(相対距離11~12km)になります。後は、信濃の中心より少し左側を狙って砲撃を加えて撃沈します。

運よくスコーピオン改を両艦とも早く始末でき、信濃との相対距離が14~15km開いている場合は、紋章の左やや下辺りを狙うと良いです。

【状況終了】

空母 Lv2 倒し方レポート
レポートは以上になります。管理人はこのやり方で、だいたい2:00~2:30で資源10,000を稼いでいます。(勿論、調子の悪いときは3:30とかかかる場合もありますが;)

もっと効率良い方法があれば、ご意見頂ければ嬉しいです。


 

【2013/07/21】
スコーピオン改①の挙動をスコーピオン改②と同じに書いてしまっていたので、修正しました。