2013年11月14日 深夜

バトルレポート 2013年11月14日 深夜
Twitterを見ていたら最近俄かにLv1艦艇ブームが起きている様でしたので、管理人も試しにつくってみたのですが、ちょっと公試に出たら何ともお恥ずかしい事にフォロアーさんとマッチしちゃいました; 祝砲を頂いたので並走させて貰ったのですが、対戦のため距離を開けたところでグルグルに…。やはり舵がピーキー過ぎて転舵するとまわりすぎ、気付くと相手艦に背を向けて爆進してたりするのが悩みどころです。1900年くらいの艦艇に近いデザインで、ずんぐりむっくりな感じの艦を目指したら、何だかジ●リに出てくるみたいになってしまったな…と感じていたのですが、対戦頂いたフォロアーさんも、後で伺った話では同じ印象をお持ちになった様です。因みに軍艦旗は、艦名も決まっていないため妥当なものが思いつかず、アルカディア号出撃時に使っている海賊旗を使用しました。

ムサイ祭り以後、あまりオンラインに出られない日々を送っているので、今日は久々にTTS 2部の通常戦に2戦だけ空母<天城>で出陣。1戦目は、フォロアーさんの潜水艦とマッチ。艦載機を極力多く搭載するために、速度を大幅に犠牲にしている鈍足空母では勝ち目が無いなと思いつつ、相手艦の潜行深度が浅ければ当たるかも?と、相対距離7km辺りで藁をも掴む気持ちで全機発艦。艦載機の攻撃は案の定かすりもしなかったのですが、相手艦からの雷撃を数発喰らっただけで躱している内に距離が詰まり、運良く直上に乗ったところで爆雷が威力を発揮してくれました。色々弄っているうちに、<天城>の耐久力が戦艦並みになっていたのが奏効したようでした。

バトルレポート 2013年11月14日 深夜
TTS 2部2戦目は、TTS規格の強そうな戦艦とマッチ。祝砲等が確認できなかったため即戦闘突入と判断し、規定通り相対距離12kmを切ったところで舵を切りつつ発艦開始。何とか相手艦からの砲撃による被害を被る前に全機発艦出来たので、後は反復攻撃が可能な様に艦を維持する事に専念。…と言っても、こちらは20kt以下の鈍足空母な上、接近しても魚雷Bくらいしかまともに使える武装がないので、後進等のフェイントをかけつつ相手艦の照準を霍乱。相対距離6~7km程度まで詰められてかなり直撃弾も喰らっていましたが、上述の通り耐久力が高いため滑走路は燃えているものの艦自体のダメージはあまり受けず。砲撃を喰らいつつオロオロ逃げ惑いながら、滑走路の火災が止む隙に艦載機を発艦させて反復攻撃を繰り返した結果、何とか勝利を拾う事ができました。最後に祝砲の連打を頂いたのですが、生憎こちらは祝砲を撃てる装備がなく失礼しました。

無理すればあと1戦くらいできるかな?という時間だったのですが、買い忘れたものがあった事を思い出してこんな時間に慌てて買物に;w 帰宅したら日付が変わってしまっていたので、1度だけLv1新造艦の公試をして本日の状況終了としました。

対戦頂いた皆様、ありがとうございました。

バトルレポート 2013年11月14日 深夜
因みに、公試で気付いた問題点を改修した現時点でのLv1艦は、全長135m・全幅50mで、速力は直進時最大92.4kt。武装は30.5+を2基と、12センチ砲や速射砲を適量。旋回性能は非常に高いのですが、舵を戻した時に当て舵をしてあげないと曲がって進む傾向があり、その当て舵も、注意してあげないと今度は逆方向に向きが変わってしまうどいうシビアさ。魚雷が積めて雷撃できればこれでも良いのですが…Lv1艦侮りがたし。