艦の速度を速くする5つの方法メモ

今回は、管理人がよくやっている艦の速度を速くするためのTIPSを纏めてみました。
0.基本

艦の速度を速くする5つの方法メモ
速い艦を造る場合、高性能なエンジンを使用するなどして馬力を上げるのは勿論の事ですが、スクリュー&舵の配置を工夫する方法があります。広く知られているのが、基本の「コの字」配置です。管理人もこのパターンばかり使っています。

何も機関を載せていなくても、画像左側のパターンで36.6kt、画像右側のパターンで38.9ktも出てしまいます。

1.艦を軽くしてみる

艦の速度を速くする5つの方法メモ
基本に近い事項ですが、装甲を軽量タイプのものにしてみたり、Mk45高角機銃などの比較的軽い武装に変更してみるなどして艦を軽くすると速度が上がります。(【0.基本】で試した左側のパターンの上部分は、船体2x2x1船体3x2x1を使用しているのですが、これを全て軽量型ではない600mm装甲に貼替えて試運転してみたところ、速度は17.3kt下がって19.3ktしか出ませんでした。)

エンジンも数を載せれば馬力は上がりますが、その分艦が重くなってしまうので、何度か設置と試運転を繰り返して数を決めるのが良いようです。

但し、闇雲にただ軽くしてしまうと、全速力で旋回しただけで転覆してしまう恐れがあるので、「安定度」とのバランスに留意してください。

2.動力の位置を変えてみる

艦の速度を速くする5つの方法メモ
スクリュー&舵は、常に艦尾に付ければ良いという訳ではないようです。速度が出ない場合は、スクリュー&舵の設置位置をずらしてみると、速度が上がる場合があります。

管理人所有の艦艇の中から何隻かピックアップし、全長を同じに揃えた画像を作ってスクリューの位置を比較してみました。艦の形状などによって、スクリュー&舵を設置する位置がまちまちなのが解ると思います。スクリュー&舵の位置は、設置と試運転を繰り返して、一番速度が出る場所に決めています。

3.浮き輪を使ってみる

艦の速度を速くする5つの方法メモ
スクリューまわりに浮き輪を設置すると、速度が上がる場合があるようです。設置する場所は動力の位置同様、艦によってまちまちになります。

管理人所有の艦艇も、<播磨>は一番下の層に、<長門>は下から2番目の層に浮き輪を設置した場合が、一番速度が速い結果が出ました。<翔鳳>のように少し特殊な配置を行った場合もあります。

4.舷側をデコボコにしてみる

艦の速度を速くする5つの方法メモ
舷側部分を構成するパーツをスムーズに繋げず、デコボコにしておくと速度があがるようです。

管理人所有の<播磨>の場合、400mm装甲軽量1/2が縦に並んでいる部分の、喫水線下の一番下の1つを取り除いてデコボコにする事で速度をあげています。喫水線下なので試運転やバトルでは見えませんが、ドックでの見栄えが若干悪くなるのが難点です。

5.艦底をデコボコにしてみる

艦の速度を速くする5つの方法メモ
艦底部分を画像のような感じでデコボコにすると、速度が上がるようです。

画像は<上総>の例ですが、デコボコを撤去した場合、カタログスペックでは7.5ktダウンして106.8kt、実測値では直進時最大25.1ktダウンして129.2ktしか出ませんでした。

【4.舷側をデコボコにしてみる】でも解る通り、喫水線下は斜めの角度が付いているパーツを使わずにデコボコにしておいた方が、速度が上がる様です。


艦の速度を速くする5つの方法メモ
以上、管理人なりの速度を上げるTIPSの纏めでした。BSCのバージョンによっても若干効果が異なる気しますが、参考になれば幸いです。 速度をあげるためのより良い方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご意見お願いします。

因みにカンスト(カウンターストップ:最大値)は194.4ktとの話もありましたが、管理人が実験してみたところ194.6ktが最大のような気がします。