ウォーカーマシン ザブングルタイプ Ver1.0

ウォーカーマシン ザブングルタイプ Ver1.0
ウォーカーマシン ザブングルタイプ Ver1.0
ウォーカーマシン ザブングルタイプ Ver1.0
ウォーカーマシン ザブングルタイプ Ver1.0
ウォーカーマシン ザブングルタイプ Ver1.0

【諸元】
出力134,779
馬力
速度96.6
kt
速度実測値直進時最大 : 143.3
kt
射程15.8
km
攻撃力2,944.2
MW
耐久力3,012.3
GJ
装甲693.2
MJ
安定性308.7
 
傾き0
°
排水量152,227.0
t
密度0.3
g/cm3
全長366.0
m
全幅205.0
m
高さ169.8
m
喫水20.2
m
視界46.5
km
面積25,253.2
m2
パーツ99
%
強さ 6

【装備】
砲熕兵器
  • 46センチ砲×2
  • Mk45 5インチ砲×1
  • 12cm 28連装噴進砲×1
  • 3連装魚雷発射管×2
機関
  • ガスタービンエンジン×4

【解説】

ウォーカーマシン ザブングルタイプ Ver1.0砂塵渦巻く地の果てで 熱血ジロンと美女二人。 疾風の如く大地を蹴って、攻め来るマシーンをなぎ倒す。父の仇はいずこかと、ジロン・アモスは流れます。…という訳で、人型第3弾は戦闘メカ ザブングルの前半の主役メカ・ザブングルタイプを造ってみました。怒涛のごとき新作です!w

背中の翼等を造り込んでいると容量が足りなくなりそうなので、ジロン搭乗のクラッシュ版をモデルに、武装フル装備!…と意気込んで組んでみたのですが、結局それでも容量の壁に阻まれて、30mm専用ライフルと4装ハンドキャノンを両手に持たせるに留まりました。

ウォーカーマシン ザブングルタイプ Ver1.0武装は、ボディに噴進砲や5インチを、土台に46センチや3連魚雷を装備…と、これまた代わり映えしない感じなのですが、今回は容量の関係で水中魚雷や爆雷等の対潜装備は泣く泣くオミットしています。また、ブロックヘッドで味をしめたので、フル装備できなかった代わりにソルトの旗を作って肩に装備してみました。

画像でお気付きかと思いますが、今回の土台はこれまでの飛行機型とはかなり形状が異なっています。これは別に開眼して新たな良い方式を開発した訳ではありません。最初は従来通りの土台を組んでみたのですが、ボディ部分が過去最高の高さが祟って安定性がマイナス値で3桁を叩き出してしまいまして。試行錯誤して漸くプラス値になっても1以下の安定しか得られなかったため、自棄になってトラマリン風に配置した斜め滑走路の下に適当に2x2x2の装甲を配置してみたら偶然にも安定が飛躍的に向上したので、そのまま採用した次第です。速度もそこそこ出て安定も高くなったものの、ダメコンを全く考慮していないため、対戦ではかなり撃たれ弱くなってしまいました…orz

TwitterのTLを拝見していたら、ウォーカーギャリアアイアン・ギアクラブタイプ等をフォロアーさんがお造りになっているので、戦場はアストラギウス銀河・デロイアに続いて惑星ゾラにまで広がりました。さて。