リパブリック・アタック・クルーザー Ver2.1

リパブリック・アタック・クルーザー Ver2.1 [REPUBLIC ATTACK CRUISER]
リパブリック・アタック・クルーザー Ver2.1 [REPUBLIC ATTACK CRUISER]
リパブリック・アタック・クルーザー Ver2.1 [REPUBLIC ATTACK CRUISER]
リパブリック・アタック・クルーザー Ver2.1 [REPUBLIC ATTACK CRUISER]
リパブリック・アタック・クルーザー Ver2.1 [REPUBLIC ATTACK CRUISER]

【諸元】
出力140,992
馬力
速度85.0
kt
速度実測値直進時最大 : 110.2
kt
射程15.8
km
攻撃力136,837.2
MW
耐久力2,068.6
GJ
装甲744.7
MJ
安定性268.8
 
傾き0
°
排水量111,876.0
t
密度0.4
g/cm3
全長270.0
m
全幅135.0
m
高さ52.1
m
喫水12.7
m
視界35.8
km
面積12,044.6
m2
パーツ98
%
強さ VIP

【装備】
砲熕兵器
  • 46センチ砲×2
  • (旧)30.5センチ砲×10
  • Mk45 5インチ砲×12
  • 96式25耗高角機銃×12
  • 爆雷×2
航空兵器
  • 滑走路×2
  • 99式艦上爆撃機×30
機関
  • ガスタービンエンジン×4
  • 空母煙突C×2

【解説】

リパブリック・アタック・クルーザー Ver2.1 [REPUBLIC ATTACK CRUISER]STAR WARS EP3冒頭のコルサント上空で繰り広げられる艦隊戦での活躍が印象的なリパブリック・アタック・クルーザーを、ディテールアップと耐久性アップに主眼を置いて改修しました。

まずは艦体。主に400mm2x2x2パーツを使って艦底部分を1マス増やし、耐久性を向上。本当は艦体幅の偶数化して滑走路を1本にしてよりスマートにしたかったのですが、それだと艦橋が太くなってしまったり、改修が大掛かりになりすぎてしまうため断念。代わりに全長を少し伸ばして滑走路の位置を艦首側にずらす事で、これまでは1番砲塔から艦首へガクンと2マス下がっていたのを1マスづつなだらかに下がるようにしてみました。また、2番砲塔両脇の(旧)30.5で再現しているマークの部分を1段下げ、1/2大船体を使って容量を節約。その他、寂しかった艦橋したり、艦尾ノズルをエンジンを回転バグで横倒しにして使う事で再現してみました。

武装は、1/2大船体を使った事でこれまで40cm3連装しか乗らなかった部分の設置面積が思いがけず広がったため、主砲を46cm×2に換装。また、両翼の30.5+や艦橋まわりの15センチ砲を全廃し、5インチ機銃を搭載。艦橋基部には目立たないように爆雷も装備させました。滑走路を艦首にずらした事で格納庫が若干余裕が出来たため艦載機も4機増えてピッタリ30機に。外見だけでなく増速も考慮して軽い武装にしてみたのですが、強さがVIPになってしまったのが悩みどころです。

リパブリック・アタック・クルーザー Ver2.1 [REPUBLIC ATTACK CRUISER]エンジンは結局スペースの都合でガスタービンエンジンを増やす事はできませんでしたが、両翼内部に空母煙突Cを内臓してスクリューまわりに手を加えた結果、これまでは60kt強の鈍足艦だったのが47kt程度増速し、漸く100ktを超える速度が出せるようになりました。

管理人的には結構良い感じのフォルムになってきたと自負しているのですが、いかがでしょうか。因みに、艦尾にはジェダイの旗なんぞも造って装備させましたw